上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「感謝しておこう。成熟した器を丁重に運んでくれた事をね。」
ルーサーの掌から舞う黒い羽に包まれるとともに、ウォーリックのパニッシュジャケットは白から闇に染められていった。
「はははっ! 愚かなるアークスよ! 僕の新たな器になれる事を感謝するといい! 僕はシオンの縁者となりDFでもある、全てを識るものとなるのだ!」
高笑いするルーサーの声に抵抗するようにウォーリックが声を振り絞った。
叫ぶ訳ではない。力を込めながら願う言葉だった。
「僕を…撃て! 今しかない……シオンがそうしたように! 完全なる支配の前にだ。」
「そんな!?」
「出来ないよ!」
動揺するマァナと赤雪が無意識に一歩後退した。
殺せというのか。困惑で一同が静止しする。
語ればルーサーに悟られる。必要以上に考える事もまたシンクロされれば思考を読まれる可能性もある。
「いや、やるよ。」
その中でたった一人だけ、ハルが一歩踏み出した。
「ハルさんには分かるよ。ウォーリックさんがあの目をしてる限り、信じる。」
ゆっくりロッドの後部を回し、テクニックのチャージをする。
シェスファがすがるようにハルを止めようとするが、ハルの張り詰めた空気に気圧され動けなくなった。
「……約束したはずだ。」
かすれたウォーリックの声は苦痛を耐えるだけでは無く、精神の支配に抗うそれだった。
「頼む……ハルさん……僕を撃ち、跳ばすんだ!」
その言葉の意味を理解したハルは的確にダーカーの因子の中心を狙い、イル・メギドを放った。
「決着を付ける!」
テクニックの衝撃を受けたウォーリックはそう叫ぶとこの場から消失した。
あたかも最初からこの場に居なかったように。
失われたという喪失感よりも、居なかった……その様な錯覚を感じる。
ウォーリックと言う人物は本当にここにいたのか。
その事すら疑わしく思える程だ。
「兄様ぁ!」
シェスファの悲痛な声がこだまし、全員を現実に引き戻した。

「何処かの時間に跳んだか……だが何処に居ようともそこに存在する僕はその気配を感じ、意図を識る。何をしようが無駄だ。その場所の僕に捕まればDFになる事は避けられん。」
あざ笑うルーサーは更に続けた。
「それでは愚かなるアークスよ。ここからは遊戯の時間だ。しばし戯れようか。」
再びダーカーの群れを召還し、高見の見物を決め込む姿も尊大。
この場に絶対者として君臨しているのだと誇示するようだった。
「本当、虫酸が走るね。」
ハルが嫌悪感をあらわにする。
ギリ……と奥歯を噛み締めるよう唇が動いた。
「全知だって言うけど、あたし達の何を知ってるって言うの?」
真剣な眼差しで、赤雪が真向からその悪意に向かう。
「そんな風だからシオンに振られるのよ。」
軽くいなす様に言ったマァナの言葉はストレートに的を射ているようであった。
だがルーサーはいかなる反応にすら気に留めず佇む。
「羽虫がどのような思いを抱こうが関係無い。さぁ、もっと絶望すればいい……その感情がより高まれば器はより完成に近付く。いや、真の僕を手に入れる事になるだけだ。」
愉悦の声に同調したダーカーは無尽に現れる。
ダーカーへブラウリヒトがソードを叩き付けると、霧散した下から更に新たなダーカーがわく。
旋風の如くエルダーペインをダグラスが振り回し、ダーカーの装甲を砕き朽ちさせるが更に影が奥より生まれる。
命を吸い取る魔剣も、無尽蔵に生まれるダーカー相手では徐々に速度が落ちる。
したたる水が岩に穴を穿つ様に、鋼の肉体にもいずれ傷がつく、それも想像出来るおぞましき無限の闇。
シェスファも懸命にマシンガンで蹴散らすが、いかんせんこの綿々の中では経験に劣る。照準を切り替えるタイミングを誤った瞬間、ティラルーダの群れが襲った。
そのとき、疾風の如く細く鋭い刃がシェスファの眼前をすり抜けた。

2014-08-07-222425.jpg


続く斬激のあと振り向く姿。
「シェス……危ない。」
端正な顔に表情一つ浮かべず無感情に呟くと、次の瞬間には抑揚は無いが高揚する修羅の声が響いた。冷徹で凛としたそれは人が相手なら背筋が凍てついただろう。
「さぁ、世界に生じた事を後悔させてやりましょう。」
晩白柚の愛刀であるヤシャが煌めきながら次々と殲滅の手を緩めず、有翼のダーカーを蹴散らして行く。
「マスター! ヨロシクオナシャス!」
H44ミズーリTを構えつつ、おどけた表情のkonkonが踊る様に連射をダーカーへ見舞う。
トナカイの着ぐるみは脱ぎ捨て、シックなスーツ姿でこの場に現れていた。
「konさん!?」
「えへへ、来ちゃいましたよぉ……」
「足手まといならゴメンだぞ、konの字。」
ダグラスの剛胆な笑い声まじりの声にkonkonはがっくり膝をついてみせる。
「Oh……」
だがその次の瞬間には後方へ回転跳躍をしながらランズ・ヴァレーダへの射撃を忘れない。
彼女なりの仕事を忘れない、その姿勢だ。
続いて群れるランズ・ヴァレーダの翼を鮮やかに切り裂くカタナの軌跡。
軽やかに舞った少女の姿からは想像のつかない旋風の如き切っ先の速度。
「ハルさん、ゴメン! 遅くなった……先生は!?」
言葉なき一同に、状況を察した周紀は唇を噛み締める。
間に合わなかった……その悔しさの想い以上に、彼女は強い意志で負の意思をはね除けた。
「いや。自分は先生を信じる、頼まれた事も必ず果たす。絶対に!」
愛刀を抜き放ち、迷い無くダーカーを切り捨てる。その太刀筋には一分の迷いも無い。
周紀がウォーリックに抱く絶対の信頼は、彼が消失した際に生まれた奇妙な感覚を一同から振り払う引き金になった。
「……兄様は必ず皆でラグズに帰ろうって」
シェスファはマシンガンの連射の後に更に続ける。
瞳に浮かんでいた迷い、怯え、涙。全てがもう消えていた。
「約束したから!」
「だぬ!」
ハルに再び陽気で不適な笑みが戻る。
連発するイルメギド、それぞれが振るう撃剣の嵐、さどじまの極寒のイル・バータ、徐々に生じる闇の速度を駆逐するその速度が上回ってゆく。
その光景はルーサーに忌々しげな表情を浮かび上がらせるに充分なものだった。
「アークス風情が忌々しい!」
そう怨嗟の声を響かせた時には、すでにダーカーの姿も僅か。
ルーサーと一同が対峙する形へと変わっていた。
「全てが手遅れだ。無駄だと言う事を理解出来ない愚か者どもが。」
そう言うと、人間態から姿を変え始める。
「シオンの事はもう他の時間の僕に任せよう。全事象演算終了。解は出た…」

pso20140812_211714_027.jpg

現れしはファルス・アンゲル。
神々しさと邪悪さを兼ね備えた、DFの形態の一つだ。
「アークス風情が何処まで僕を楽しませる……試してみるか?」
周囲にタリスを跳ばすとファルス・アンゲルは淡々と命を下す。
「波動方程式、展開。」
周囲に轟く雷鳴、走る雷。
残るダーカーすら巻き込む非常のエネルギーが、この場のアークス全てを襲った。
「うわぁあっ!」
「!!」
「クハッ!」
「あぢぢぢぢぢぢ!」
それぞれが受けたダメージに声を上げながら膝をつく、数名がショックにより行動阻害をされた事をさどじまが察知し、さどじまが速やかに回復をさせる。

pso20140812_212119_114.jpg

「じまさん!」
ハルがすみやかにさどじまに近付き、耳打ちをする。
「次きたら……行くから!」
「成る程、ハルさんに任せて自分はいきます!」
二人が速やかに散開する。
多数の近接組に取って、この敵は厄介極まりない。
「収縮、擬似崩壊」
「あづづづづづづづづづぅ!」
konkonの執事服の端に炎が燃え移りじたばたし、更にバーンの状態異常にかかる。
シェスファも抵抗出来ず火炎に包まれた。
あえてさどじまも炎の直撃をうけていた。
「DF風情が……」
ハルがルーサーの口まねをするとともにスーパートリートメントを発動させた。
さどじまはニヤリと笑い、普段以上の勢いでイル・パータを連射する。
konkonも意図を察し、空中に向け銃弾を放つと高く跳躍し追い打ちをかけ、更にロールへ繋ぐ。
ミリオンストームの連射からシェスファがカミカゼアロウに繋ぐ。
打ち抜いた先でラストネメシスの構えからまた一矢を放つ。
「ぺいゆ、いくよ!」
「言われなくても!」
全ての攻撃は羽を狙い、その左右から晩白柚と周紀がここぞとばかりにシュンカシュンランで刃を突き立てていた。無惨にもその羽は、周囲へ舞い散りおちる。
「式にゴミが……」
停止するファルス・アンゲルを直前よりブラウリヒト、マァナ、ダグラスの3人が攻め込みソードの威力が頂点に達した時、三方からのオーバーエンドが放たれる、

pso20140812_212500_216.jpg

反撃を避けながら、光の刃が消える前に赤雪がワイヤードランスを地面に突き立て、ハルはロッドを回転させていた。
「アークス舐めてんじゃないよ。」
赤雪の背後に立ったハルがそう言い放つと、幾つもの闇の掌がファルス・アンゲルを掌握した。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

偽りの道化師【19】

偽りの道化師【17】

comment iconコメント

comment avater

マァナ

連続更新本当にお疲れ様です!出演者それぞれの個性がしっかり出てていい味だしてるーw
更新したって知ってPSO内ルーサー前哨戦の合間にちらちら見ちゃったよ(笑)

2014年08月21日 22:13

comment avater

ウォーリック

Re: タイトルなし

> マァナさん
後発メンバーに少しでもスポットあてつつ何とか頑張りました!
たまたまルーサー来てたけと行かず書いておりましたw

2014年08月21日 22:47

comment avater

赤雪

連投おつかれさま~

ぺいゆーにこんさん、周紀さんと新キャラが戦線に加わって俄然盛り上がる最終決戦!
あーホントみんなでいざない行って撮影したいぃぃ……

Ep.3きたらスーパートリートメントとります!

2014年08月22日 09:45

comment avater

ウォーリック

Re: タイトルなし

>赤雪さん
本当はまだまだ足りてない部分も多いなぁと思いつつもぶち込みました。
いかんせん予告限定だったから、期間限定のマザーシップが良かったかなぁと思いつつ、いざないの方が色味に緊張感あるんだよねぇ…
まだ最終回用に何とか撮りたいのがあるから、みんな無理を聞いて貰えるかなぁ。

2014年08月22日 12:44

comment avater

通りすがりのトナカイ

(っ'ヮ'c)ウゥッヒョオアアァアアアァ
自分の活躍・・・・・・・・たまんない(*´д`*)
急ぎの更新でも描写が素晴らしいです!
出演ありがとうございます!!

2014年08月24日 17:11

comment avater

ウォーリック

Re: タイトルなし

> konさん
それらしさを活かしつつ、またいいさじ加減になってとら幸いです。
喜んで貰えるのが何よりよ〜!

2014年08月24日 17:37

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。