上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

暗い密室での会合は短いものだった。
カテドラルスーツと呼ばれるその衣装に身を包んだ幾人かの男が円卓を囲んでいる。
シップ内にファッションとして彼らと同じ服装のものが幾人も居るが、本物であるその衣装を纏っている者は限られていた。
むしろそうした偽物が居る事で彼らの活動はより容易なものになる。
アークス内にある教団の中でも、ダーカー殲滅を目的とした武装聖騎士団。
正規の人員に数えられるものは一握りだ。
「騎士狩りの罠……ですかな?」
「いや、そうではないものもいるそうだ。」
「ならば彼奴はどうする、捜索に手をさくか?」
「もし罠ならば己で切り抜けられなければ、資格は無い。」
「ダーカーが絡んでいれば?」
「ならば話は別……ダーカーは殲滅あるのみ、だ。」
冷ややかな声が告げるとともに、一同はその場を後にした。


日が陰り、気温が落ち始める。
だが身体は熱射病の様に熱を持ち続けている。
フォトンのコントロールが上手くいかない。
感覚自体を奪われたか、極地でも平然と活動出来るはずの力を操りきれない。
無力だ。
そう思わされた……だが、それでも。
うつぶせに倒れたウォーリックは震えながら手を伸ばす。
這いずる虫でもこう遅くはあるまい。
ゆっくりと、ほんの数10cmの距離を動かす為だけにどれだけの時間がかかっただろうか。
たったこれだけ、これだけの微力なものだ。
そうだ、僕はまだ生きている。
生きている限り、全て可能性は無数にある。
そう念じながらも失いそうな意識へ耳慣れた駆動音が響く。
ホバーを吹かしながら近付く気配。
それを感じながら、彼は今残された力を声を出す事だけに捧げた。

ウォーリックの身体はこれ以上の危険が無い様、囲いがある採掘場跡まで運ばれた。
無造作だが、限りない労りがある腕にだ。
全身をムーンアトマイザーの光が満たす。
「……リヒティ。」
「随分な有様だな。シェスはどうした?」
巌の様に重い声でブラウリヒトが尋ねる。
「……恐らく人質だ。」
「お前にしては曖昧な返答だ。」
「それは今から答えを出すさ。まだピースが揃っていない。憶測だけではな。」
重い身体を立ち上がらせる。

2014-04-17-154743.png

まだフォトンの巡りが悪い。それでも膝をつかず立ち上がり青き鋼の戦士を見据えたのは自分自身の戦士としての挟持。
下らない意地かもしれない、大した事でもないかもしれない。
だがこれから立ち向かう困難へ奮い立たせるべき意思。
その骨子は強靭で折れてはならないもの。
「リヒティ、僕と一緒に来てくれ。僕の答えに間違いが無ければ……」
「お前の答えは、お前が出す。その答えを見届けるのが俺の役目だ。」
鋼と生身の拳を合わせる。
これはウォーリックが少年の頃からこの男と約束をする儀式だった。
互いに力を込め合い意思を確かめる。
まだ完全とは言えない、アトマイザーでも完治しきれていない身体で何が出来る事だろう。
だが、戦う。
自分が動けば八代か、何者かが出て来る。
それをあぶり出す。
自分を倒した相手を白日に晒すため、何よりもシェスファを取り戻し、その笑顔を守るためだ。
「幸い、僕の目的地はここだ。」
ウォーリックの赤い瞳が煌めいたのは、意思の滾りそのものであった。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

一人脳内緊急!DFエルダー接近!

ただ祈るばかりのみ。

comment iconコメント

comment avater

homura

更新きた~♪(=゚ω゚)ノw
いつも楽しみにしています♪w

2014年06月20日 03:36

comment avater

ウォーリック

Re: タイトルなし

>homuraさん
早いコメントにビックリ!
今回は夜が明ける迄に絶対一話分書くんだと決心してたので。
画質は良く無いけど、SSが実は苦心作だったりします。
まさかシーンに合う体勢取ってる所があるとは……

2014年06月20日 03:42

comment avater

マァナ

変な時間に起きちゃって覗きにきてみたら更新されてた、わーい!
SS、文章にすごくあってていいねーさすが!
今現在新しいSS撮れない状態だけど、なるべく早く繋げるようになるといいねぇ><
私も戦闘中に固定カメラ使ってSS撮るのと
八代さんとのアップ2ショットが撮りたいのです・・

2014年06月20日 04:00

comment avater

赤雪

おお新作きてた!執筆お疲れ様です!!

ここにきて例の殲滅教団が登場するとは!
物語にどう絡んでくるのか……
ブラウリヒトさんの今後の活躍も楽しみ!!

2014年06月20日 12:29

comment avater

ウォーリック

Re: タイトルなし

> マァナさん
ありがとう!
アップに関しては基本、自分が固定カメラのピント中心になるんだよね。
それを自分の位置調整する事で寄り添う写真も撮ることが出来ます。
PAとかはそのピントの中心がズレてくれるから、意図しない画面になる事があって面白いですよ。

2014年06月20日 15:07

comment avater

ウォーリック

Re: タイトルなし

> 赤雪さん
これからがまた正念場!
ウォーリックサイドは上手くストック利用しながらやりたいとは思います。

描写に応じて、赤雪さんの撮影ストックからも表情頂いたりするかも知れませんがよろしくね!

2014年06月20日 15:24

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。