上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2014-06-12-012154.png

「八代さん! どうしてあなたが!?」
「ヤツの言う通りさ……どうしても取り戻さなければならないものがある! それだけだ!」
腕をクロスさせ双機銃を放ち後方へとロールする。
「だがな……」
彼の銃口の矛先は同じ姿の男へ向かう。
「こういうやり方は気に食わん!」
中空から銃弾の雨が降り注ぎもう一対の仮面を粉々にした。
現れたその顔も八代のもの……違うのは侵蝕されたかの様に肌が変色している事だ。
二人の視線が合った瞬間、互いに体勢を崩し、片膝をついた。
「クッ……」
苦悶する表情さえも同じであり、何か共鳴しているのか、反発する感覚があるのかウォーリックの目では確かめる事が出来ない。
二人の八代、そして命令に待機する機甲種も動けない今ならばシェスファを救える筈だ。
檻のトラップへ向き直り破壊するよう構え気をためた瞬間だった。
気配なき背後から囁く一声。
「あまり煩わせるな、面倒だ」
耳に言葉が届いた時には、強烈な衝撃が全身を襲い、ウォーリックの意識は途絶えていた。


再び意識を取り戻した時には既に彼以外の何者も存在しない、ただ砂漠と岩ばかりが広がっていた。
殺そうと思うならば幾らでも手段はあっただろう。
だが命は奪われずシェスファは連れ去られ、二人の八代の姿もない。
そして、自分を倒した声の主も……
何も出来ない無力感。僅かに出来たのは、全身に残る痛みから声も無く苦悶の表情でかの者の名を唇で象るだけだった。



シップ内のコンソールからハルは今回ウォーリックが担当した任務のデータハックを行っていた。
「おかしいねぇ。」
「何がだい? ハルさん。おじさんは極めてまともだよ」
ビギナーが筋トレをする素振りで全身を動かしている。
本来キャストである限り筋力トレーニングなど必要は無いのだが、ヒューマン以上にヒューマンらしい彼の行動原理は恐らく本人以外に理解は出来ないだろう。
そのような事はチームメンバーとして日常であるハルは気にも留めず、腕を組んだ。

2014-06-12-213650.png

「本部に送られた任務報告書に改竄というか、そういう不自然なノイズみたいなものがあるんだじぇ。」
「おじさんにも分かる様に言ってくれるかい?」
「ん、奇麗な報告書データなんだけど、カンニングして作った感じかな。ウォーリックさんの作った報告書を真似て作ったみたいな。実際はそんな単純なものじゃないんだけど、簡単に言うとそんな感じ。」
「と言う事は、ウォーさん達は生きていて、何かアークスへ影響を与えるようなものに関わってる……それを隠したいお偉いさんか何かがいる訳ね。」
「かのう。」
ハルの口調は快活な少女風の姿に似合わぬ程に老獪な風だった。
だが可能性を確信し、ハルの生気がみるみるうちに上昇するのが見える。
「それも可能性の一つ。ウォーリックさん達が生きてる可能性は相当跳ね上がったじぇ。」
言い終わるや否や、シップのアラートが響く。被弾こそしなかったが砲撃がシップめがけ行われたのだ。
「やっぱり気付いちゃうかぁ。」
「ここはお任せあれ、この子のイチモツおっ立ててぶち込んでやるわ!」
ビギナーが速やかに安全装置を解放し、シップに備わったフォトン粒子砲の銃座に滑り込む。
「そぉれ、いきなさぁい!」
チャージから射出まで一連の流れはスムーズに、そしてその狙いは標的となるシップの動力部……巡航に関わる部分だけを性格に射抜いていた。
「峰打ちじゃ、感謝せい。」
大仰に胸を張りながらビギナーが言う。厚い胸板が、さも威厳があるかの様に姿を強調した。
「さっすが。まぁ、救難信号出てるしその内回収されるだろうね。」
「しかし、旅路は急がねばならんか。」
オートにされていた巡航モードを手動に切り替え、ビギナーが操縦桿を握る。
「うん、固くて太いわねぇ……」
うっとりとした声音は気持ち悪い事この上ない。
「変態め。」
「紳士です。」
お約束、といえばお約束。
Try-Gearメンバー、そして共闘するアークスだれもが耳にする言葉の応酬。
たとえどんな苦境にあっても、絶望渦巻く中であろうとも恐らく彼らはこのようにしているのだろう。
「そいじゃ、今のうちに手配出来ることはしとこうかな♪」
通信に緻密な暗号化を施し、ハルはメンバーの一人である周紀へとメッセージを送っていた。
しかもそのメッセージは解析されても理解出来るのが周紀だけであろう内容だった。
”ドゥドゥニクムベシセンセイノワスレモノオクレ”
可能な手配さえしておけば、後の作業はまた後ほどでも出来る。
兎も角、状況が明確にならなければ先に進む事も出来はしない。
自分たちの出来る事は、まずリリーパに降り立つ事だ。
「リリーパも何処に着地すれば良いモノか……」
「ハルさんはウォーリックさんがどこに居たって嗅ぎ付けるから平気だじぇ。」
ウインクするハルは余裕と自信に満ちている。

2014-06-12-214333.png

「あら、ウォ−さんそんなに臭うかしら、ウォー臭? うわ、魚臭!」
「ハルパーンチ!」
ガコッと音をたてて痛打するゲンコツがビギナーの頭部に一瞬、星を瞬かせたのは間違いなかった。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

偽りの道化師【6】

追記と補足【2】

comment iconコメント

comment avater

ハル

ビギナーさんが華麗にスルーされるてるのに笑ったw

改めて見ると、口調で各キャラの特徴が出てて誰が喋っているかすぐ分かるのが凄いよね。
口調をコロコロ変えるのが特徴なハルさんは文章にするのが面倒そうだ……

2014年06月13日 07:25

comment avater

homura

ビギナー様のご活躍を読んでニヤニヤしちゃいます(=゚ω゚)ノw

2014年06月13日 11:02

comment avater

ウォーリック

Re: タイトルなし

>ハルさん
ハルさんの口調は意図して変えたりと、そういう普段の空気を活かそうと思ってます。
登場人物中で、ハルさんとビギナーさんは特に付き合いが長い仲間だから、逆にやりたい事を入れ過ぎないようにセーブしないといけない位。
まだまだ本格的な活躍はこれからかなぁ。

>homuraさん
ビギナーさんはまたどんなおふざけをさせるかだけが考えちゃうポイントでして。
早めに「紳士です。」は入れないとイカンとかw
下品さとジョークのバランスもテーマですかね〜。


2014年06月13日 15:08

comment avater

赤雪

おお続き来てる!

冒頭から、相変わらずVitaとは思えないクォリティのSS……

ハルさん、ビギナーさんに続き更なるTry-Gearメンバー登場フラグが!!
ハル、ビギナーコンビの会話は安定感あるなぁw

ビギナーさんとフレンド登録してないことに最近気づいた!!

そういえば塾長が名前出していいって言ってた!

2014年06月13日 16:10

comment avater

ウォーリック

Re: タイトルなし

> 赤雪さん
いつもお褒めありがう!

ハルさんとビギナーさんの会話は大体チムチャとかでの会話や口調から拡げて想像し書いてます。
今は諸事情で離脱してるから、聞けないけどね。

ダグラスさん名前許可きましたかぁ、ありがたい。
今ならバラせる報告書云々はダグラスさん。

これは赤雪さんのパートをまた書くのが楽しみになりましたねぇ……

2014年06月13日 16:39

comment avater

ビギナー

シリアスな雰囲気を和らげる清涼剤みたいな役割ね!
嫌いじゃないわ!

2014年06月14日 05:38

comment avater

ウォーリック

Re: タイトルなし

> ビギナーさん
そのくせ、いざという時頼りにもなるというね。
きたきた、とニンマリ出来るよう頑張りますよw

2014年06月14日 16:13

comment avater

マァナ

今キャラコンのSSに挑戦してるんだけど、なかなかうまく撮れなくて、
改めてうぉーさんのすごさに感動!
八代さん明日休みだから見てみるーって言ってたよーb

2014年06月14日 23:47

comment avater

ウォーリック

Re: タイトルなし

> マァナさん
失敗繰り返しながら出来の良い一枚をみつけるのでもアリだねぇ。
コンテストだと表情もおそらく見られるから、ショートカットでロビアクと表示組み合わせするか、戦闘でPA撃つ前に、表情を時間指定で表示出来るショートカットコマンドが有ればそういうのをやると良いよ。

八代さん、見て喜んで貰えるかが気になる……
服装は今回、あえて違うカッコで演出させて頂いております。

2014年06月15日 00:44

comment avater

八代

楽しんで読ませていただきました
今後の展開が気になるのでまたみにきますねー
リアルでも私がもう一人いると色々と楽なんだけれどなーw

2014年06月16日 00:52

comment avater

ウォーリック

Re: タイトルなし

> 八代さん
有難うございます。
そう言って頂いてホッとしました。
また出番はございますので、時間があるときSS撮影に協力頂けたら幸いです。

リアルが相当お忙しいと聞いてますので、お身体気をつけて下さいね!

2014年06月16日 17:02

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。