GRAILは解散した。
その事をメンバー全員が知ったのはウォーリックがナベリウスでの戦いを終えた後だった。
ウォーリックは生きて戻るつもりだが、万が一がある。
解散しメンバーに自由を与えておけば再建も可能だ。
その心構え、真たる想いはおそらくブラウリヒトは状況を理解するだろう。
八代も然り。シェスファは……おそらくてはかかかるがブラウリヒトが何らか対処をする。
やるだけの事はいまやり終え、今はラピスと任務に集中する。
打開策はまだ見えない。
「ウォーリックさんはどうお考えです? この状況……」
ラピスが戦闘で乱れた髪を軽く整えつつ訊ねた。
「私の考え、というか推測をきいて頂けますか」
無言でウォーリックが頷く。
涼やかな声音だがその内容は物騒そのもの。
「DF【巨躯】がナベリウスから飛来した際に発生した極大的エネルギー……仮に負の力と呼びましょう。その負の力により今までのダーカーが変質した。【巨躯】の影響だけでナベリウスの原生種が変わった様に、負の力の影響はダーカーすら変えたのでは無いでしょうか…… 」
ウォーリックが見えてもラピスの分析は冷静且つ的確なものだった。
そして眼を伏せつつ頷く。
「合点の行く解釈だ……」


2-8.png


既にラピスに拳を癒してもらったとはいえこのまま、二人で何処まで行けるものか。
分からぬ恐れに立ち向かう。
正直、ウォーリックの胸には自分たちは捨て駒である可能性をぬぐい去りきれない。
先ほどの暗号電文の後、返信が無い。
長老会の検討があったとしても今回の依頼方法、状況、いずれも即断即決を要する筈。
大樹そのものが腐ったか……とウォーリックは思う。
ルーサーという内部に在った強大な脅威が消え、敵対しない関係である六芒均衡は力の意味以外での脅威がない。
聖なる大樹とフォトンの教義。それ故にダーカー根絶を掲げる教団。
世界樹であり、セフィロトとして機能するそれは人と聖なる魂との合議で在ると言う。
ある意味ではフォトナーと変わらないとウォーリックは皮肉な笑みを浮かべる事がある。
まさに今はそういう瞬間だった。
だが戦う、それがウォーリックにとっての教義も同じ事。
闇を憎み、絶つ。
教団が動かぬなら僕がやる。
揺るがぬ意思が更に不動のものとなりギラリと光らせた。
そして伴う青いワルキューレはその気配を感じながらも微笑みを絶やす事は無かった。

記事を読む →
スポンサーサイト

「先生、お話があります。」
神妙な面持ちでルームに訪れたチームメンバーの周紀を、ウォーリックはソファへ座らせ手際良くコーヒーを煎れた。
その空気から、深刻な話の様子だ。
幸い、話を混ぜ返しそうなシェスファはブラウリヒトを引きずって買い物に出かけている。
その時間を利用して読書でも、と考えていた矢先の来客。
あえて語らず、周紀の言葉を待つ。むしろ彼女はその時間を長い時に感じたかも知れない。
「自分はチームから脱退します。」
その言葉にカップを滑らせそうになる自分を律しながら続く言葉を聞く事に努める。
「先生は自分の一族の家宝についてご存知ですよね。」

2-1.png

何度も聞いた事のある悲願。
周紀がアークスである理由の一つ。
奪われた家宝を取り戻し、その守護の一族としての責務を果たす事。
宇宙を駆け巡るアークスであればそれに出会う機会を得る事が出来る。
「それについて大きな手がかりを得ました。アークスとしての活動を一旦停止しても、自分はやらなければならないのです。」
ウォーリックは静かに言葉を聞きながらも、彼女を右腕としての存在と当たり前に感じていた事を自覚していた以上に思い知らされた。
いつからかウォーリックを先生と呼び慕い、常に影の様に補佐し、戦いの際には先陣を切ってゆく周紀は仲間として無くてはならない存在だった。
だがウォーリックは声を抑え穏やかに口を開き言葉を紡ぐ。
「分かった。周紀さん、君の思う様にすればいい。それは君が君である為にやらなければならない事……そうだね。」
「先生、本当に済みません……」
唇を噛み締める周紀の想いは充分に伝わってくる。
ならば彼女を送り出すのもウォーリックのやるべき事。
「気にしなくていい。大切なものは変わらない。家宝を取り戻せるよう、僕も心から願うよ。」 記事を読む →

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。