最終回まで読了頂きました皆様、改めてお礼申し上げます。
GJなどでも声援を頂いたり、毎回コメントへ書き込んでくださったり、何げなくお会いした時に呼んでますよ〜と仰って頂けたりと感謝ばかりです。

臭いまでの王道、絆とかそうしたものが好きなので、結果こういう形の最終回をとりました。
絆……人は一人かも知れないけれどそれだけで生きる事も戦う事も困難で、依存するのではなく信じて想いを託し、共に居る事で力は増す、困難を乗り越える事が出来るんだと、そういう想いを改めて自覚していったので今はこれが出来る限りの最終回だったと思います。
リハビリ代わりの部分もあったので、もちろん作品としての不満点というか欠点もありますが……。
楽しんで執筆する事が出来ただけでも収穫は大きかったです。

長編になった自己との戦い、悪リック(笑)との戦いはどうしようかと本当に悩みに悩んだ回でした。
自分を騙して悪として戦う、とシチュエーションが当初の構想だったんですが、それも何かおかしいだろうと。
自分ならどうする?と本当に問い返して自分ならギリギリまで潜み時を狙うだろうと、詰め将棋をする感覚でルーサーを追いつめた気分でした。

赤雪さん、マァナさんのお二人はご本人がたの想像以上に大きい扱いとなり驚かれたという状況でしたが、頂いたバックボーンが想いの深いものだった事、僕が作品中で遊んでいいなと思えるガチガチではない自由さもあった事で、ある意味ヒロイン級として扱わせて頂きました。まぁ主人公と絡みがないヒロインって……とも言われても仕方無いですがw

シェスやハルさんもまた読んで頂いて分かる様に、やっぱり恋愛ヒロインでは無いんですよね。
主人公なのに色気不在という、そういう意味ではウォーリックはラノベ的主役失格なんですが……要素がありそうなシェスはサードキャラなんでそんな展開は無さそうかな?
P4の奈々子ポジションなのに可哀想とか言わないようにw

ハルさんはソウルメイト的な描写をさせて頂きました。
出演キャラの中でプレイ期間の付き合いが最も長く、色々とクエストを乗り越え、楽しい時もそうでない時も共に遊んで来た友人だと思っておりますので……もっと活躍の場を出したかったのですが、いかんせん筆者のテクニックの経験が不足していたので、ブリュー戦以降はどちらかと言えば一同の精神的タフさの象徴になって頂きました。

その他の出演キャラの皆様も楽しく書かせて頂きました……ダグラスさんは書いててシビレる漢のカッコ良さをと思ったり、八代さんなどは実はご本人とてもお茶目なんですが、ストーリー上はシニカルにカッコ良く書かせて頂きました。

エピローグのマァナさん編は八代さんご本人が恥ずかしくなる程まで、恋愛描写を強めさせて頂きましたが、マァナさんの提供してくださったSSがあまりにも優しくて、夕日も素敵だったと言う事、それと劇中に入れようと思いながら出来なかったポイントが2点ありまして、それを集約したらあのエピローグになりました。
劇中、本来はリリーパで八代さんの敵側にいた真意を明かしたり、復活後に「馬鹿ね」のくだりを……と思っていたのですが、ご存知のとおりPSO2のストーリーに「馬鹿」を繰り返すシーンが入ったりした為、被りを防ぐ結果変更しエピローグに集約した事で個人的にはロマンティックになったかなぁと思ったりしています。 記事を読む →
スポンサーサイト

ついに大詰めの舞台までやって参りました。
主な役者はここでほぼ勢揃いとも言えるかな?
まだ最終決戦前のギミックも残ってますし、次回は頂いたSSも活かしつつガシガシとバトって貰えればと思っています。

予定ではあと4話。
マァナさん、赤雪さんから提供頂いたSSも交えつつの今回でしたが、18話用のSS加工に決行手間取りましたが、上手く見て頂ければいいな。

頑張ってロビー変わるまでに話は終わらせたいと思っております。
以前よりお伝えしてる、ある幸せなイベントを実施する為にも週二ペースで完結まで持って行けたらと思う次第。
皆様またご協力お願いします。 記事を読む →

いよいよ、ショートストーリー再開となりました。
公私共々、オン/オフ共々激動となった7月。体調も正直万全ではありませんが、新たに合同緊急のレギュラーとなったフレンドの皆様方と共に、絶望をパーフェクトスコアで乗り切るなど何だかワクワクしてくる楽しさを分かち合う事も出来、良い空気に包まれて来ているなと感じます。 記事を読む →

この数回戦闘シーン中心で、あまり心理描写少なく大変申し訳ありません。
あ、普段から心理描写少ないし、気にすんなとかツッコミありそうですけれど。

ブリュー・リンガーダは実装された時からその格好良さと強さが印象的なエネミーだった事や、マター武器堀りでも苦戦した事含め思い入れ強めなダーカーだったので……好き勝手やりました!

その他でそろそろ言っておきたい事がありまして。
所謂、宇野リッシュと言われるPSO2独自のと言うより宇野氏の文章構成。
確かに首を捻る言葉も多いです。

ただそのツッコミにおいて、オラクルに存在しない筈の言語や単語を使うと言う点。

おかしいだろ、とそこを突くのは余程のブレが無い限り無粋なツッコミだと思います。

記事を読む →

まず最初に、マァナさん。
ブログからの写真流用許可ありがとうございました。
今回の話の導入はこのシーン無くしてスタート出来ませんでした。

本人とSS撮れてないのに八代さんどうなっちゃうの!?
髭のおじさん、ダグラスさんに人気奪われちゃうんじゃないの!?
いやいやハルさんの出番まだなの!?
とかすっごい課題山積みのままと、一個だけ筋に関わらないのでミスリードになった点をお伝えしとくと前回の赤雪さんのコメントでの先読み文中をよく読んで頂くとわかるんですが、意味深なもの言いをしている男は痩せた眼鏡の男なので今回出た人とは違うのです……しかも今回の人とは漂う格がね、えらく違う。
前回のシーンは手は加えてませんので、また想像の翼を羽ばたかせて頂くと面白いかと。

本来最終回数だった10話。
ここからの物語も楽しみにして頂けたらと思っております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。